Natural Abilities

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

グループレッスン研修での話

先日グループレッスンの研修がありました。私が担当したわけではなく、用があって少し立ち合ったわけですが。

そこで、ストレッチングのレッスンを参加者が実際に行って、講師はそれをフィードバックするというものがありました。

ある参加者が、座位で片脚ずつ行う、いわゆるハムストリングスのストレッチングを指導する場面があり、

「きついと感じる方は、膝を少し曲げていただいても結構です」

と声かけをしていました。

そのフィードバックとして、ある講師が言いました。

「ハムストリングスは膝を伸ばした方が、ストレッチされますよね?それなら、膝を伸ばして体をあまり倒さず行うように指導して下さい。そういうところまで考慮して出来るようになりましょう。」

おっとびっくり。あなたが考慮して出来るようになりましょう。

確かに股関節屈曲、膝関節伸展の方が、ストレッチ感はあるでしょうけど、そのポジションを保持することは、レッスンの参加者によってはかなり辛いものになります。

それは痛みだけでなく、座位保持自体が大変な方もおられます。

確かこの講師は、「参加者に合わせた指導が出来るようになって下さい。」と言ってましたけど。

長座位で、体が半分に折れ曲がるくらい、上体を前に倒せるような指導者の中には、もしかしたら、膝関節を屈曲してでも、ハムストリングスがストレッチされるということがわからない人がいるかも知れません。

「実際に、自分自身の身体で体感しなければ、本当の指導は出来ない。」

と、正論っぽく言っていたとしても、こういうケースはあるので、やはりちゃんと勉強しといた方がいいと思います。

グループレッスンはそれ自体が目的化している部分がありますので、難しいとは思いますが、リラクセーションを促したいなら、ただ単に筋の起始と停止を引き離す発想だけでは難しいと思います。

手段が目的化していると言えば、パーソナルトレーナーの紹介ポップの得意分野に、「ピラティス」と書いてあって面白いと思ったことがあります。

フィットネストレーナーは、グループレッスンの研修を受ける機会も結構あります。ということは、グループレッスンの研修担当者も、運動がわかってないと大変マズいのです。

当たり前なのですが、大変マズいことがよくあるのが、フィットネス業界の現実だと、思いっ切り私の主観で締めさせていただきます。

念のため書いておきますが、ここで出てきた講師の悪口じゃないので悪しからず。
スポンサーサイト
    02:27 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

しまってしまう話の続き

「しまっている」、「しまう」という言葉は、「良くない」、「望ましくない」という意味が含まれていますので、先日まで行っていた新入社員研修でも使いませんでした。

「(スクワット時に)膝がつま先より前に出てしまっています」

例えば、そう言ったとしたら、

「スクワットでは膝はつま先より前に出たら駄目なんだ」

と参加者は捉える可能性が高くなります。そしてそれを意識するあまり、自分自身が窮屈なフォームで行ったり、お客さんに窮屈なフォームを指導するかも知れません。

「しまう」という言葉は、その言葉を使う人の主観(例え限定したケースであったとしても)なので、客観的に、多角的に物事を捉えて欲しい場合は、私は客観的事実のみを伝える方法を選択することが多くなります。

「やり方、手段に正しいも間違いもないので、目的に合っているかどうかを常に考えて下さい」

と、研修中に偉そうに言いましたけど、要はそういう考えなので、「しまう」、「しまっている」という言葉を安易に使わないようにしています。お客さんにトレーニング指導などを行う際にも、「しまっている」という言葉は使いません。

とは言え、このブログは思いっ切り私の主観で書いているので、かなり偏ったことも書きますけど。
    00:00 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

しまってしまう話

いわゆるカウンセリング研修の参加者同士の会話を紹介。

「1年前と比べて、体重が3キロ増えたんですよ」

「3キロ増えてしまったんですか?」

その「しまった」は余計ちゃうかなという指摘をさせてもらいました。

結構無意識に使っている人がいるようです。無意識ですから、私も使ってしまってるかも知れません。と、故意に使ってしまいました。

先ほどあるパーソナルトレーナーの方のブログを読んで、そのフレーズがあったので思い出しただけです。勝手に抜粋します。

一部抜粋

「この偏平足のせいで、つま先が外側を向いてしまっており~」

抜粋終了

意味わからないとかはおいといて、そもそも脛骨は捻れていますので、つま先が外側を向くこと自体は異常とは言えませんよね。それはもちろんわかっておられるでしょうけど。

アライメントを評価する際に、「しまっている」なんて言葉は使わないと思うんですけど、不安を煽ってセッションに繋げるタイプのパーソナルトレーナーは使うのかも知れません。

もちろんこの方がそうとは言ってませんので悪しからず。
    00:36 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

体歪んでますよトレーナーは何処へ?

ある新入社員が研修中に、「トレーニングしているお客さんに、何をアドバイスしていいかわからず不安」と言ってきました。どうやら、トレーニングをしているお客さんの動きを見抜いて、的確なアドバイスをしなければいけないと思っているようでした。

確かに、動きを観る目は必要になりますが、いきなり出来るようになるわけではありません。

そもそも、まず必要なのはアドバイスをしようとする前に、話を聴くことだと思います。これは新入社員に限らず、例えパーソナルトレーナーであってもそうです。

「あなたの体は歪んでますよ。このままでは大変なことになりますよ。」

と、頼まれてもいないのに、出来もしない姿勢評価をするパーソナルトレーナーは一時期に比べて見なくなった気がしますが、そういったことにならないよう気をつけないといけません。

「腰痛いでしょ?」といきなり文脈無視した問いかけは、もちろん相手との関係によりますが、ただの変な人になりかねません。しかし、そういったトレーナーが格好良いと思っている人がいるので、違和感を感じます。

そういえば、昔友人が全く気のない女性に、「私のこと好きでしょ?」と言われてました。結局付き合ってましたけど。わからんものです。
    01:10 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top

初体験

只今、人生初の夜行バスで東京から大阪に帰っています。行きは新幹線でしたが、帰りは時間が遅かったため、夜行バスとなりました。

東京に浮気相手がいるわけではなく、「肩・上肢のスポーツ外傷・障害とリハビリテーション」という、理学療法士の山口光圀先生のセミナーを受講してきました。

山口先生の著書は拝読させていただいておりますが、直接お話を伺う機会がありませんでしたので、「これだ」ということで短い脚で行ってきました。

最初から最後まで「なるほど」ということばかりで、盲点というか全く持ってなかった視点を与えていただきました。

長年、試行錯誤を繰り返した中で得たものを、参加者はたった数時間で得られますから、何とも有り難い話です。

やっぱり目の前の仕事に真摯に向き合っておられる方のお話は、その辺の受け売りセミナーとはわけが違います。

あのような方のお話を聴くと、実績も実力もないような人間が、お金取ってセミナーなんかしたら駄目だなと思います。フィットネス業界はそんなの多いですからね。

それにしても、このバス結構飛ばしてます。運転手は眠たくないのかとか、余計なことを考えています。
    00:05 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

もう終わり

タイトルはブログのことではありません。早いもので、新入社員研修のフィットネストレーナー研修は終了しました。

一番の不安要素であった、20名の名前と顔の一致ですが、さすがに6日間接していると、覚えられました。

たった6日間ではあったものの、「出来なかったことが、出来るようになった」と、それぞれ何かしら得たものがあったようで一安心です。

今回の研修でも伝えましたが、お客さんに対して、ただ知識や情報を提供するだけでなく、実感していただくことが仕事のひとつだと思っています。

例えば、トレーニング指導にしても、「○○筋」を使っている実感を持っていただきたい場合に、「意識して~」という引き出ししかなければ、実感していただくのは難しいと思います。

余計な力が入る方に対して、「力を抜いて~」では、なかなか抜けないでしょう。そもそも余計な力が入っている実感がない方もたくさんいます。

じゃあどういったアプローチがあるのか?そういったことを研修の後半ではいくつか紹介しました。

ここで、新入社員の皆さんが実感出来なければ、研修すべて台無しですが、実感出来たようで、笑えないオチにならずに済みました。

新入社員研修ネタは続けるかも知れません。
    15:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

俺なんかがやるような状況やから、そりゃ業績も・・・

来週から私が所属している会社の新入社員研修が始まります。フィットネスクラブで働くためのいわゆるフィットネストレーナー研修は今年は私が担当することになりました。

体育系大学や体育系専門学校を卒業した者が半分以上を占めており、それに加え、フィットネスクラブでのアルバイト経験者も多くいます。一方で、そうでない新入社員もいます。

前者に該当する人達の中には、「今更何をするんだろう」と思う人もいるかも知れません。後者に該当する人達の中には、専門教育も受けていないし、経験もないし不安に思う人もいるかも知れません。

しかしながら、結局大差はないだろうし、みんな新入社員です。私自身、このような業界に入った当初は後者に該当しますから、後者の人達が不安やコンプレックスを抱く気持ちがわかるとは言いませんが、十分考慮したいと思います。

「知ってるつもり」、「出来るつもり」の人がいたら、「つもり」だったことに気づいてもらえたらいいし、不安がある人がいたら、少しずつその不安を解消出来るような研修をしたいと思います。

と、まあ始まってもいないことを妄想しながら書いてしまいました。そんな研修が出来るつもりなのでしょうか。不安もありますが楽しみです。
    19:16 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

4月バカに始める4回目のブログ

続ける気がなくなって3回ブログを止めたのに、また始めてしまうようです。いつまで続くかわかりませんが、気ままに書いていくつもりです。有益な情報はありませんので、ご了承下さい。
    23:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。