Natural Abilities

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

久し振りのバレーボールが胸鎖乳突筋のDOMSを引き起こす可能性について考察する

領域だとか専門だとか、そういった話になることがあり、例えば、「トレーナーの領域」は何処までだとかいう話になることもあります。

確かに、色々な専門職があって、その領域と言われるものが存在します。領域を守るとか、領域を侵すといったことが色々問題になることがあります。

それももちろん問題なのですが、「出来もしないことを出来る」と言ってる人が存在することも問題だと思います。医師でも鍼師でもない人が、鍼を打つのは話になりませんが。

パーソナルトレーナーの紹介POPにある得意分野でも、「スポーツパフォーマンスの向上」とか、「肩こり・腰痛の改善」など、実に様々な文言が並んでいます。

「出来る」と言っても何処まで、どの程度出来るのか、当然のことながら、その質にはかなりの差があります。本当に出来る人もいれば、形の決まったアプローチをして、変化が出たらラッキーという人もいると思います。

パーソナルトレーナーといっても、様々なバックボーンを持った人達がいるわけですから、「パーソナルトレーナーの専門領域はこれ」というのは、なかなか言えません。

フィットネスクラブのパーソナルトレーナーであれば、トレーニング指導が出来ることがまず前提であるべきだと思っていますが、「トレーニング指導は出来る」と、思い込んでる人もかなりいると思っています。

こういった現状で、「パーソナルトレーナーの地位向上」を謳ってる人もいますが、少なくとも仕組みを変えないと(そもそも仕組み自体あってないようなものですが)難しいですし、そもそもそう謳ってる人に圧倒的な実力がないと逆効果だと思います。

余計なお世話かも知れませんが、もっと自分自身を何とかした方がいいと思うことがあります。

本当に実力のあるパーソナルトレーナーの中には、「パーソナルトレーナーです」とは名乗りたくない人もいるように思います。このような人達は、実力で勝負出来るので、肩書きや名称にはあまりこだわらないのかも知れません。

チームのアスレティックトレーナーとして契約している場合などは別ですが、トレーナーという言葉は便宜的に使っていることが多いと思います。最近は、「ストレッチトレーナー」なんていう名称を目にするようになりましたから、そのうち、「マッサージトレーナー」とか、「鍼トレーナー」とか、「ホストトレーナー」とか出てくるかも知れません。
スポンサーサイト
    23:35 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。