Natural Abilities

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ただの言葉遊び

○○の名言って流行ってるようですが、他人が言葉の一部を取り上げて、他人が勝手に都合良く解釈しているに過ぎません。

それを否定するわけではありませんが、勝手に都合良く解釈しているという自覚を持っておかなければ、名言とやらを発した人間の意図とは全く違うことが独り歩きしたり、情報操作に使われるだけです。よくあることですけど。

話は変わります。

「引き出しを増やす」

トレーナーでいう「引き出し」とは、メソッドの種類やその種目数を指すことが多いようです。

いつものように言葉遊びですが、例えば、「レジスタンストレーニング」という引き出し、「ピラティス」という引き出し、「ストレッチング」という引き出し、「関節モビライゼーション」という引き出し、というように考えているトレーナーがいるとします。

そういう人は、「こういう場合はピラティスかな?ピラティスならどんなエクササイズが良いかな?」と、本当に引き出しから探すような思考、アプローチになるんじゃないですかね。

パートナーストレッチングでも同じように、「この部位を緩めるには、どういうやり方があったっけな?俺の知ってるやり方どんなんやったっけ?」と、本当に引き出しから探すような思考、アプローチになるんじゃないですかね。

今はたくさんのメソッドが売っていて、それを買ってそのまま引き出しに入れるようなトレーナーが多いように思います。

目の前のお客さんやクライアントさんを観ないし、話さないトレーナーが多いように思います。メールの絵文字が感情や意志を伝えると思い込んでるような新人類には仕方ありませんか。

よく観て話しただけで上手くいくこともあるんじゃないですかね。闇雲に身体触りまくるより、軽くさすっただけで上手くいくこともあるんじゃないですかね。

「引き出し」という言葉を好んで使い、引き出しを各メソッドの種類やその種目数というような捉え方をしていると、数打ちゃ当たるという思考になるかも知れません。

目の前のお客さんやクライアントさんのことは、教科書に載ってないし、講習会でも教えてくれません。メソッドありきなら、パーソナルトレーナーなんて要りません。

「スクワットしたら腰が痛くなるんです」

「そうですか、レッグプレスにしましょうか」

どんなスクワットしてるのかすら確認せずに、種目変更です。そういう人達が○○は必要ない、○○は素晴らしいと言うんですかね。そういう人達が自身の能力の低さに気づかず、○○は効果がないと言うんですかね。
スポンサーサイト
    03:15 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。