Natural Abilities

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ゆる体操と私

4月に入るまで自由な時間が結構あり、急に時間が出来たので馴れない生活を送っています。早速誘って下さる方もおられ感謝しています。

就職先に提出する書類が多く、卒業した大学にも連日足を運んでいます。大学を卒業して10年以上経ち、懐かしいなと思いながらキャンパスを歩いていたら、当時のちゃらんぽらんな学生生活を思い出して、改めて頑張ろうと思いました。

就職の話ですが、わざわざ4年間学ばなくても働けるような場所を選ぶのもアホらしいなという気持ちもありました。また臨床実習でお世話になった先生の影響もあり、様々なケースに対応出来るようになりたいという気持ちもあり、まあ色々考えて選びました。

話は変わりますが、やはり受験のストレスというのは大きかったようで、身体は随分硬くなりました。また面白いことに、2ヵ月程止まらなかった咳は受験を終えて随分治まりました。

受験を終えてから病院で検査や診察を受けました。特に問題なく咳止めの薬をもらいました。薬は飲んでませんが、瞑想で咳を治めるという発想はないので、医学のお世話になりました。

硬くなった身体は歩いたりゆる体操でゆるめています。ゆる体操は個人的には本当によく出来た体操だと思いますが、勉強中はそれをしようとも思いませんでした。試験本番中はしましたけど。

高岡英夫氏は世間的には何しか変わった人物で、無条件の肯定もしくは無条件の否定をされているような印象があります。ですから、私が「ゆる体操は良く出来てる」と言うと、「そっち系?」みたいなカテゴライズされる可能性も当然ありますわな。

1年間直接ゆる体操の指導を受けたなんて言った日には、ますますでしょうね。

良いと思ったら良いと言えば良いと考えてるので、例え否定されても可愛いと思ったら可愛いと言いますよ。話が変わりましたね。

何か他人の粗探しや間違い探しをしようと必死な人が多い気がします。そういうのはその人自身の中に問題があるからなんでしょうけど、ちょっとしんどそうです。無意識に投影するんでしょうね。

他人に認めてもらいたいという気持ちは誰しもあるんでしょうけど、他人を無駄に攻撃するのは如何なものでしょう。「わて、こんなことやってまんね~ん」でいいじゃないですか。
スポンサーサイト
    01:30 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。