Natural Abilities

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

まだ募集中。このブログは4月まで。

ありがたいことですが、パスワード付きブログをやることにしました。たぶん5月くらいからになると思います。それまでは、こちらを更新するつもりです。

改めて確認しておきますが、悪口書くわけではなくて、私の夢に向かった未来へのサクセスストーリーを綴ります(嘘)。前者は本当です。

読んでやっても構わないという方は引き続き募集中です。課金制度はないですが、夢やファンタジーもありませんのでご了承下さい。妄想はあります。すみません。

内容は恐らく私個人が医療に携わる中で感じることや、フィットネスなどの健康産業、代替医療や社会制度などについて、ただただ個人的な見解を綴ることになると思います。と、それらしい文言を並べましたが、結局は戯言です。

さて、仕事の話ですが、職場では、○○法や○○療法といった特定の治療アプローチを推奨しているわけではなく、治療アプローチは各療法士に任せているようです。適切な評価と適切な治療であるということを、結果を出すことと、第三者に説明出来れば良いということになります。

魚住先生風に言うと、目的があって手段があるということでしょうか。

回診やカンファレンス、ケーススタディーが定期的にありますから、自分自身のやっていることをある意味強制的に見直したり、他人の意見を得る機会もあります。

部長(ドクター)が先日、「例えば、アメリカの医療はシステマチックなので、何処で医療を受けても同じ効果を得られるという利点はあるが、日本は本来、人それぞれ違うものを提供するという文化がある。いずれは自分にしか出来ない治療を確立していくように」と仰っていました。

まあとにかく、今のところやはり、環境には恵まれていると感じています。ただ、病院という所は現実を見る所だなと感じています。子供は特に切ないです。願うしかないようなこともあります。例えばこういう内容は、このブログでは書けないわけです。
スポンサーサイト
    23:07 | Trackback : 0 | Comment : 10 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。