Natural Abilities

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

たまには真面目振って書いてみますよ。

病院には色々な患者さんがいて、中には進行性の疾患でどんどん身体・精神機能が低下し、ADLが低下していく方もたくさんおられます。意志を伝えるのは眼球の動きのみとか、精神興奮による不随意運動の亢進から読みとる必要があるとか。

そういう方を担当させていただくことが多々あります。こちらの問いかけや話に対して言語的コミュニケーションとして反応があるわけではないので、ついつい話しかける回数も減ってしまいがちです。

ただ沈黙の中、黙々と行うのはどうかと思うので、色々話し掛けたり、自称面白話とか、自分の話とかをずっとしてるわけです。

そういった中で例えば、話の途中で不随意運動が激しくなった時、面白いと思ってるのか不快なのか、体調が悪いのか、全然わかりません。何が良いのか、どうすれば良いのかといつも考えます。

はっきり言って自己満足の世界かも知れないと思うことがあります。自己満足は大事だと思ってますけど、それは今得られるものではないように思います。

ご家族の方からは何も治せやしないただのPTSに対して、感謝の言葉をいただくこともありますが、すみませんとは言わないまでも、すみませんと思ってしまいます。

以前、某大学病院の理学療法士の方が、「治らないからこそ、関わる価値があると思う」と仰っていました。その方の言葉の真意はわかりませんけど、どのようなケースであれ、自分自身が出来ることを必死で考えて取り組むことが基本かなと。

患者さんを想う気持ちは、ご家族の方が強いだろうし、そうでなければちょっと悲しいケースですけど、じゃあ専門職として関わるならば、患者さんやご家族を想う気持ちだけでは足りんだろうと思うわけです。

もちろん専門知識や技術を無理矢理解決策として用いたがるのは問題でしょうし、視野が狭くなるだけでしょう。入院して治療を受け続けるより、退院した方が良いと思えるケースも多々あると思います。

それはドクターを始め、スタッフも感じていることだったりしますが、本当に一筋縄ではいかない色々な要素があるとも感じます。

前回の記事の続きみたいになりますけど、人間性とか言いだしたら、実体がないし、普遍的な答えがないわけですから、どれだけ立派な言葉を並べたところで、結局求められるのは何らかの結果でしょう。

それは、もうこれ以上はどうしようもなかったという、諦めに似たものと同時に自己嫌悪でなく自己満足を得られるくらい取り組むのもいいんじゃないかと思っています。

もちろん、何もしない方が良いと判断したならば、その選択肢も当然あります。

結果は他者に委ねるという考え方もあるでしょうけど、仕事として責任を果たすというならば、自己完結させるべき部分というのは当然あると思っています。

そもそも自分の仕事は何なのかを考え続ける必要はあると思います。そしたらいちいち人間性とか分けて考えないんじゃないかな。って私の場合は。

真面目振って書くとまあ面白味のない内容ですわな。いつものことということで。
    00:40 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

明日も実習。まあ息抜きで更新。

また野球の話ですけど、北海道の球団の誘いを断って就職浪人するようですね。決定ではないのでしょうけど。それ自体に良いも悪いもありません。それぞれの人生ですから。

余計なことをあえて書くと、入団しないことも権利と言えばそうですけど、国民の義務についてはどうなんでしょうね。しばらくは養ってもらうのかな。本当に余計なことでした。

職業としてのスポーツというのは、ある意味特殊なので単純に他の仕事と比較することは出来ませんけど、大学まで行って卒業して、就職先も希望する業界なのに断るというのは、やっぱり特殊な世界だから仕方ないのでしょうか。

そのこと自体を否定も批判もしませんけど、仮に来年念願叶って入団したとしても、1年間のブランクがどう出るのかなと興味あります。

まあそもそも1年間のブランクがあって、プロでは何の実績もない所詮元大学野球の選手に1年目から大活躍されるなんてことがあったら、プロ野球のメンツとしては些かマズいことじゃないかとも思いますけどね。

まあ個人的には次回は怪我なくプロ野球の世界に入って、どんなパフォーマンスが出来るのか観てみたいと思います。ただの野球好きなおっさんとして。

プロはやっぱり結果、実績の世界だと思います。トレーナーの世界(というよりフィットネスの世界かな)だと、結果も実績もない人が同業者相手に養成や育成なんかしたりして、何とも無責任に感じることがあります。

結果も実績も残してなければ、教えられるのは学術的な知識か妄想でしょう。前者なら価値がありますが、後者なら詐欺ですな。結果や実績はないけど、「効果ある」、「本質だ」と言うんでしょ。

魚住先生が30代の頃に、魚住先生より遥かに年齢が高く経験も実績もあるような人達を前にして、依頼されて講習会や講演会をする機会が多くあったそうです。

「あの時は本当に勉強しました。歳を取りたくて仕方なかった」と仰っていました。元々そういうきっかけがなくとも、かなりやってこられたでしょうに、「本当に勉強しました」ってことは、そりゃめちゃめちゃされたんでしょうね。

私ごときがこんなこと言うのは大変おこがましいのは承知の上で書きますけど、そういう感覚って必要だと思います。

今は一時の自己啓発ブームの影響か知らないですけど、プロとしての前提である知識や技術や知恵といったものがなく、人間性とか似非哲学を語って誤魔化してるような人がいますでしょ。

そういう人はバカだから、学術的にも十分確認されてることや、当然であることでも知らないから、「教科書には書いてないけど」とか「学校では習わないけど」とか言っちゃうんですね。デタラメ言うのは論外として。
    02:10 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

日本シリーズ

森野選手のところで森福投手出さんかったら、このシリーズで投げさせないってことですかね。

手を残して負けているのがホークスっていう状況ですね。ただの素人の感想ですけど。

って観てる場合じゃなくて勉強しろという話ですな。
    22:22 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

着眼点シリーズはしません

身内ネタで申し訳ないですけど、やっぱり彼が11月頃に帰って来るようです。遊ぶメンツが増えて楽しくなりそうですな。

最近、周りで身内を対象にしたブログを立ち上げる人が出てきました。私のブログも商売用ではないし、新たな出会いを求めてるわけじゃないので、一般公開してる意味はないと思っています。

一般公開してると、嘘じゃないけど本当とも言えないという、微妙な表現を選択せざるを得ないこともありますから、まわりくどくなりがちです。とは言え、新たに立ち上げるのも面倒臭いのでしばらくはこのままでいきます。

今回の実習も何とか無事終了しました。実習地に降り立つ前日からオールで麻雀打ってたので、バカ丸出しのスタートを切りましたが、終わってみれば充実した実習となりました。

色々な地域で色々な方々と触れ合う機会があるというのは貴重な経験です。数週間自宅を離れて過ごすということは卒業後はあまりないでしょうから。

今回は訪問リハビリテーションがメインだったので、患者さんはもちろんのこと、ご家族や他業種との関わり、患者さんとご家族の関係、家屋構造や周辺の環境、家庭の経済力、社会制度など、さまざまなところに目を向けて、何がよりベターな選択なのかということを常に考えさせられました。

かなり強烈なケースがたくさんあって、衝撃的であると同時に、言葉は悪いですけどワクワクしました。まあ、こんなこと有名人が言ったらバカが騒ぐんでしょうけどね。
    23:46 | Trackback : 0 | Comment : 6 | Top

パヤオが余計なこと言ったようですね

何もないですし。そういやフィットネスクラブに来た実習生で「ですし」が口癖の人いましたね。名前忘れましたけど。

卒業研究やらやってたら、また実習が始まりました。一応は卒業論文はOKいただいたので良かったですけど。何でこんな時期にと思ってましたけど、一段落すると色々な文献、論文を読んで整理したり、実験したりと結構面白かったです。

筋電図で、トランクカールとレッグレイズで腹直筋の上部と下部の活動の比較を研究しているクラスメイトがいましたが、ほとんど波形に違いが見られず、有意差なしとなってました。

もちろん作用自体には違いがあって、厳密な中身は全く違うのでしょうけど。ちなみに私が被験者になったらレッグレイズの方が腹直筋下部が優位に活動してました。いわゆる効かしたというやつです。

研究というのは難しいもので、被験者のスキルも関係しますから、結果だけをみてもわからないことが多いのかも知れません。どう考察するかも重要になると思いますし、研究というのは発表して色々な方面から指摘を受けて、それを参考にまた行っていくものらしいです。つまり建設的な議論が存在するということです。本来は。

あるトレーナーの方が東大の某教授に、「何故研究ではアイソメトリックを用いているのか」を訊ねたら、「極力スキルの差が出ないようにする為」という回答だったそうです。なるほどです。

今回の魚住先生のニュースレターでその教授の著書が紹介されていましたが、最近出されている本の内容は素人にもわかりやすく書かれています。ヘタなパーソナルトレーニングを受けるよりも、あのような本を読んだ方が良かったりして。

さて、相変わらず私の偏見ですが、「教科書的」では現場では通用しないという言葉があります。確かにそう思います。しかしながら、「教科書的」な知識が欠落しているのは、話にならんでしょう。

ある方が、「臨床で行き詰まった時に教科書を読んでも仕方ない。教科書には患者さんのことは書いてないから、目の前の患者さんを真剣に捉えるしかない」と仰っていました。

しかしこれは、教科書的な知識が不要という意味ではなく、教科書的な知識があることが大前提なわけで、大前提が欠けてるにも関わらず、「そうだ、気持ちだ!感覚を研ぎ澄ませ!」と言ってる人は、面倒臭くて仕方ありません。

そういう類の人達は、本当の意味で専門家としての責任を負っていないのではないかと感じています。

教科書的な知識というのは、忘れてしまうことも多々ありますから、適宜見直す必要がありますし、教科書に書かれている内容は過去ですから、常に情報を得るための行動が必要になると思います。

また、真面目に仕事してたら、教科書読んだ時に、「そうか、なるほど」と、既に頭に入っていた情報にも関わらず、新たに気づくこともあるでしょう。

前回の実習でスーパーバイザーが、「技術は相手を感じながら、練習を積み重ねたら、ある程度のところまで上手くなる。けど、本当に技術レベルを上げるためには知識が必要」と仰っていました。

よく感覚や感性が大切という人がいますが、そういう人はちゃんと知識があるか、もしくは知識がないのがバレたくないかのどちらかなのかも知れませんな。実力がないのを哲学っぽく語って誤魔化してるような人もいますし。

最近、感覚とか感性だとかを好んで使う人が増えたような気がしますが、そもそものところが変だなと思うことが結構あります。そのことについてはまたの機会に。
    22:31 | Trackback : 0 | Comment : 4 | Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。